hirateNN/ 4月 3, 2018/ 番外編「早期英語教育」/ 1 comments

英検4級取得までの過程で築いた勉強法をある程度を使いまわせるようになって、「3級の文法問題と読解問題はおおよそ正解できるようになってきたな一」「早く本番来ないかなー」と息子と無邪気に安心していると、問題集の最後の方に「英作文」の文字が。しかも、全体で76点満点のうちの16点を占める高い得点配分。

息子は幼稚園児でしたがマークシートに●を塗ることはできるようになりました。しかし、英検が全て文章で回答するテストだった場合、おそらく息子は5級さえ合格しなかったでしょう。

英作文は、書いた内容(文法や簡単なロジック等)を評価されます。しかし、英文(というかむしろ単語)を、きちんと採点者に伝わる程度きれい書けなければ、おそらく0点。他の分野のスコアが良くても英検3級合格は難しいでしょう。 

英検3級の作文のテーマ、例えば”What’s your favorite food?”というお題に対して、”My favorite food is curry because I like spicy foods. Also It’s fun for me to go to a nearby curry restaurant with my family.”という感じで、結論、理由①、理由②の三本立てで十分です。

これまで英作文の練習はまったくしませんでしたが、とりあえず問題集を見てやらせると。 

 私「・・・(ロシア語?)

私「・・・もう一度単語と単語の間をちゃんと開けて書いてみて。」

これまでたくさんの英文を見ていただけなのでしょうがないですが。

私としては、「書いたことがない言語を初めて書くと、こんな感じになるんだ」というむしろ発見でした。

「大文字・小文字から始まり、単語と単語は離して書く」を教え込みました。(あとなぜか小文字のbdがよく逆になっているのでそこも指摘)

とにかく練習するしかないので、(私の字はお世辞にも上手いとは言えないので)丁寧に赤ペンを入れてやりました。

口頭でさらっと答えることができるのであればこの問題は解決するでしょうが、英検3級を合格するためには、英作文の対策が必要ですので余裕をもって英作文の練習をしておきましょう。

 


1 Comment

  1. Pingback: [英検3級] 仕上げ – TOEIC800点から資格三冠 "TOEIC990, 英検1級, 国連英検特A級を独学で奪取する"

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*