多様な使われ方が難しくする


私が息子に文法を教えていて、最も教えにくいと思ったのは関係代名詞です。

これまでの英文法は、例えば「受け身ならbe動詞+過去分詞」「現在完了ならhave (has) + 過去分詞」と型にはめて教えることができました。

 

しかし関係代名詞ときたら、まず省略される場合がある。

普通の形:Apples that (which) I ate yesterday

省略形:Apples I ate yesterday

省略形の時に、これを「関係代名詞が省略されている」と理解させられない。

 

子供の気持ちになると、

1. 文中にthat (which)というキーワード発見

2. 関係代名詞と認定

3. 関係代名詞なので後ろから修飾(この「修飾」っていうのも教えにくい概念ですが)

上記のプロセスのとっかかりとなるキーワードが省略されたら、もうなんて教えて良いのやら。

 

そして二つ目の難しい理由として、文章が長くなるため、これまでの学習でやってきた「左から右へ向かって読む」では、わけがわからなくなるということです。

以下は極端に関係代名詞を使った例ですが、息子の場合は以下の様に混乱する様です。

The apple pies that I ate yesterday were the ones which my mother cooked

そのアップルパイ、私が昨日食べた、はそれらです。私の母が料理した。???

 

とりあえず私が思いついたのは「塊」という考え方を教えること。関係代名詞が使われていたらそれは塊。塊が分かったら、全体文の主語と動詞を見抜く。(難しく言うとSVの形を見抜く)

こうすると息子は、

塊は”The apple pies that I ate yesterday”

主語は”The apple pies that I ate yesterday”, 動詞は”were”

とわかり、意味が分かる日本語にできるようになりました。

小学生高学年くらいになれば、こういう形もあると丸暗記させますが、幼稚園児の息子への教え方がいまいち分からず、そのため息子の理解もふわふわしています。結局恥ずかしながら、「徐々にで良いかな」という教えきれない私の言い訳とともに、省略形は様子見とすることとしました。

 

塊を探すトレーニング


息子に「名詞を文で修飾するのが関係代名詞」と教えてもわかるはずもなく、息子は関係代名詞が分からない、私は教え方が分からないという状態でした。一つ気づいたことは、「日本語だったら分かるのか」ということ。

 

STEP 1 日本語で名詞の塊を探す練習

問題を出してみました。

最初の問題:私が昨日食べたりんごは、これです。

私「これの名詞の塊はどれ?」

息子「私が昨日食べたりんごは、これ」

「これ」という代名詞も名詞といえば名詞なので、「~は、これ」までが塊だと思っているご様子。

私「(強引に)「私が昨日食べたりんご→名詞の塊」「は→IS」「これです→THIS」でしょ?」

息子「うん。」

次の問題:私が蹴ったボールは、これです。

わざと「は」と「これです」を強調して問題を出しました。すると息子は「私が蹴ったボール」が塊」とようやく理解できました。

私「それだよー!」と褒めつつ、内心半分キレそうな自分もいて。

関係代名詞教えるの難しすぎ。

 

STEP2 名詞の塊を英訳する練習

これは「英検3級をわかりやすく」で先に穴埋め問題を練習していたので、関係代名詞のルールは分かっていました。

1. 名詞がヒトのときはWHO, 名詞がモノ・コトのときはTHAT or WHICH

2. 関係代名詞の後は主語+動詞

3. 名詞の主語と同じ主語の時は、省略する

私「私が昨日食べたりんご」はどうなる?」

息子「名詞が頭に来るから、”The apples that I ate”

私「これに「は(IS)」と「これです(THIS)」足せば良いだけだよ。」

息子”The apples that I ate is this”

 

超低速ですができました。あとは忘れないうちに色々な例を出して定着を図りました。ただ「THIS IS 名詞の塊」と「名詞塊 IS THIS」の語順の違いを理解するのにも一山ありました。

早期英語教育におけるまた教訓が一つ。「関係代名詞はそのコンセプトから気合を入れて教えるしかない。ただしその年齢において理解できる範囲までとする。」でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です