問題用紙にマーク


二つ目のテクニックです。

試験時に配られる資料に「問題用紙は汚さずに」という旨の注意書きがある(確か記載されていたと記憶)ので反則技かもしれませんが、TOEICのリーディングは情報量が多いので、鍵となる単語や文書がちりばめられています。

最初に長文を読んで怪しそうな(後に問われそうな)ものに気づきつつも、それらにマークしないと、質問を読んでもう一度長文を見たときに、そのキーポイントに瞬時に戻ってこれない可能性があります。

なんせ頭の中で大量に情報処理していますので、一つ二つキーポイントを忘れてしまうのは当然ですが、私の場合、これこそがリーディング問題のミスにつながっていた様です。

一番初めに長文を読んだときは、これは聞かれるだろうと思われる箇所に、後でぎりぎり気づける程度に軽く印をつけます。

(たまたま鉛筆があったかのごとく、「軽く」が重要なのです。あからさまにマークすると反則とみなされるかもしれないので控えましょう)

満点を狙うには、リーディングにおける確実な回答精度が求められます。その精度を維持向上させる一助となるのが、私の場合マーキングでした。

仮に「問題用紙を汚したのでテスト規定に抵触する」として採点されない場合が今後あったとしても、TOEIC990満点の取得は、資格に箔をつけることなので、人生で一度だけ取れれば良いものだと思っています。(一部のTOEICerを除く)

それであれば、TOEICからの指摘を恐れず、問題用紙に必要最小限にマークし回答精度を高める方が得策でしょう。

少なくとも英検や国連英検等他の試験では、問題用紙にマークすることは認められており、一般にビジネスでも文書を読む際はマークするのは常識であり、かつ、マークされるのを防止したいならTOEIC側が動いてPCベースのテストに切り替えるべきとさえ思っているので、TOEICを受検する機会があれば今後もこの方法を活用していこうと思っています。(非難される恐怖心から無駄に強気っ)

以上、二つの大事なテストスマートになる方法を紹介しました。

皆様の「あと一息を押し上げるアドバイス」となることを願います。


カテゴリー: 6. TOEIC990

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です