hirateNN/ 1月 16, 2018/ 5. 国連英検特A級2次/ 0 comments

国連英検特A級一次試験に合格した皆様、おめでとうございます。

中には、まだ合格発表が出ていないが合格の可能性があるという方もいるのではと推察しますが、なんせ合格発表から二次試験までが2週間弱しかないので、可能性のある方は二次対策を始めておいた方が良いと思います。(少なくともエッセイ抜きで自己採点7割以上の方は合格を見越して対策をすべきでしょう。)

試験内容はすでに色々と情報が出ていると思いますが、手順は以下が一般的です。

1. 会場入り

東京または大阪の会場に集合し受付を済ませて控え室へ。地方にお住いの方は、2次試験を受験するためには、どちらかの会場に遠征しなくてはならないのが少し大変です。

2. 面接シートの記入

これまでの体験や趣味・特技など国連に関係ないことも多く含まれます。詳細は別途検索

3. 面接の実施

面接官:日本人1名、英語ネイティブ1名、試験時間:約15分間、面接内容:上記2.の面接シートの記入事項に基づく質問でアイスブレイクをしてもらったあと、徐々に今話題なっている国際問題やそれに対する日本の方針等についての自分の意見を問われる。

 

面接対策


さて、このブログでは資格三冠を取得することを目標にしており、残すはTOEIC990ですので、これが最後のスピーキング面接試験となります。最初からおつきあい頂いた読者様は、英検一級の面接試験の延長と捉えて頂ければと思います。

ではこの試験で求められる英検一級の実力”“とは、以下3つです。

・国際情勢の知識

・国際情勢の話すための発信用英単語

・各問題に対する自分の大まかな見解

国際情勢の知識がないとおそらく不合格になります。

特に私の様な理系人間で政治とか経済とかに疎い方は、知識がなくて意見表明できないという状態になる可能性大です。また、テロや戦争、地域侵略に使われる単語をマスターしなければ、効率的に相手を納得させられません。そして面接の前に自分の意見が各諸問題に対しおおよそ定まっていないと、その場で一から考えながら話すのでは時間が足りません。

ただ難易度に関して言うと、そこまでレベルアップを要求されるものではなく、英検1級レベルの会話力をお持ちの皆様であれば、上記を補強しておけばおおよそ面接官とのやりとりはこなせるはずですので、心配無用です。

これらを一気に習得するための具体的な対策は、原則国際情勢についてご自分で恒例の独りディベート大会をすることです。学習のポイントとしては、1.それぞれどんなものかを簡単に説明でき、2.国連としての問題解決方法を提案でき、3.日本がいかに関わっていくべきかを説明できる様になれば十分でしょう。

 

意見の組み立て方


さて実際に面接の際にどのように自分の意見を説明するかについてですが、「問題・根本的原因・(できれば国連的)対策」の3ステップ論法で解決策まで提示するのがオススメです。相手の質問を理解していることや自分が知識があることだけを示すのではなく、国際問題に対していかに包括的提案ができるかを試験官にアピールできるからです。

当然試験官も、受験者の付け焼き刃的な知識を試したい訳ではないので、知識を用いたロジカルシンキング力を見せつけることが合格への鍵ということになります。

 

それでは次回から上記3ステップを各国の問題別に例示して行きます。

ブログのメリットである時事ネタへのキャッチアップ(情報の更新頻度:著名な本は出版頻度が少ないため最新の問題へのアプローチまでは提示しているものはないはず。)は、きっと皆様にとって有益な情報なると信じつつやって行きたいと思います。

なお国連英検で問われる問題と直結する可能性が低いと筆者が判断したもの(= 国際平和を乱すものではないもの)は、タイトル横に(参考)を付記。また各国問題が入り乱れておりますので、重複する項目があることをご了承ください。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*