hirateNN/ 1月 12, 2018/ 4. 国連英検特A級1次/ 0 comments

これまで色々と成功の秘訣とか言って偉そうなことを書いてきましたが、かつては私も国連英検特A級1次の不合格通知をもらいました。

当時の私は英検1級合格後、特に取得する予定の資格もなく、何となくTIMEを読んだり、BBCを聞いたりして英語に触れる生活を続けていました。そんな中仕事の関係で国連の専門機関に関連する案件が多い部署に配属になり、国連の存在を意識するようになり、そこであるときふと思い立って受験してみました。

受験するにあたり、過去問を2回分くらいやり、挑みました。当時のモチベーションは(結局不合格だったのでお恥ずかしいですが)合格できるものだと過信していました。特にアウトプット(エッセイ)には自信があったので、そこで稼げば何とかなると。

そして受験してまあ悪くない出来で結果を待っていました。約一か月後家に届いたのは、薄い封筒一枚。噂によれば合格の時は(二次試験の案内用紙が入っている分)少し厚い封筒で、不合格の時は薄い封筒とのこと。恐る恐る中を開けると「不合格」の文字が見えます。。点数を確認すると、あと一点足りませんでした。

(ちなみに合格していれば、成績表とは別にもう一枚「2次試験通知書」が同封されます。面接の日時や受験会場へのアクセスが記載されており、二次試験の受験票の代わりになります。封筒を開けた瞬間に書類の枚数で合否が分かってしまうというのも、国連英検特A級の特徴。英検やTOEICとは異なり、事前にオンラインで結果確認はできません。)

当時は、合格して国連英検特A級の資格保持者になることを最優先事項として目標を立てていたので、悔やんでも悔やみきれないその一点に泣きました。ただ今となってはその時合格しなくて良かったとも思っています。強がりは抜きにして、当時の語彙力や文法力のまま英語上級者を語っていたら本当に恥ずかしい思いをしたかもしれないと想像すると、あの時の不合格は、特に語彙力の向上においてとても良い学習の機会を与えてくれたと思っています。

不合格というのは精神的なダメージを伴うものです。自分の中で築いてきた勉強法、自信や常識が否定されるということ、また国連英検は年に2回しかないので「チャンスを逃した」という後悔の念のダブルパンチで、私は良い歳こいて結構引きずりました。ですが、もし仮に不合格の烙印を押されたとしても、それは今の自分の英語力(すでに英検1級に合格している方の場合は、特に語彙力と文法力)がまだ上級者レベルに達していないというありがたいご指摘。もう一度自分を奮い立たせ、次の試験に向け約半年間強度の高い努力を実践するのです。

特に他の英語の資格において既に上級者として位置される皆様にとって、こんな機会はなかなかないでしょう。

スポンサーリンク


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*