hirateNN/ 12月 26, 2017/ 4. 国連英検特A級1次/ 0 comments

今回からエッセイについて書いていきます。

国連英検特A1次のエッセイでは、テーマが一つ与えられ、それに対して約200〜250単語で構成される文章を書くことが要求されます。テーマは主に国連に関することでもありますが、特別国連の知識がなくても書けるものがほとんどです。ですので、一般常識と英検1級で身に着けた5パラグラフエッセイで十分に対応可能です。

では何も準備は必要ないかというと、そうではありません。テーマは例えば、「どのように国連はテロを撲滅することができるか?」「戦後の地域に必要な国連の努力とは何か?」「国際平和を乱す国に対する有効な対策は何か?」等で、戦争とかテロとかあまり英語で考えたことがない方は、何となく頭で国際問題解決の案等をまとめておくと良いでしょう

しかし決して回答するのが難しいわけではなく、テーマがとにかくでかいので「それなりに自由に書ける」というのがポイントです。(英検1級の様な、使わなければいけないキーワード3つ等の制約はありません。)

配点については20点満点なので、合格のためにはここで12点は取っておきたいところ。英検1級1次の時に紹介した5パラグラフエッセイの書き方で書いて、かつよっぽど突飛なことを書かなければ、皆様の実力ですとおそらく10点は取れます。ただここで15点以上の高得点を目指すとなると、非常に難しい。というか未知数です。

時間は見直し含め30分間を見ていれば良いでしょう。特Aは他の読解問題でかなり時間を食うので、そちらとのバランスを考えて、長すぎても短すぎてもいけません。長く時間かけて凝った文章を書いても、11点しかもらえなかった経験があります。イメージとして、「試験の要求を満たすエッセイをスマートに書いて12点を目指しつつ悪くても10点は取る」という感じが良いでしょう。

概要はこんな感じです。では次回から私の経験ベースの分析を交え、ポイントを解説していきます。


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*