hirateNN/ 12月 26, 2017/ 4. 国連英検特A級1次/ 0 comments

エッセイの概要


国連英検特A1次のエッセイでは、テーマが一つ与えられ、それに対して約200〜250単語で構成される文章を書くことが要求されます。テーマは主に国連に関することでもありますが、特別国連の知識がなくても書けるものがほとんどです。ですので、一般常識と英検1級で身に着けた5パラグラフエッセイで十分に対応可能です。

では何も準備は必要ないかというと、そうではありません。テーマは例えば、「どのように国連はテロを撲滅することができるか?」「戦後の地域に必要な国連の努力とは何か?」「国際平和を乱す国に対する有効な対策は何か?」等で、平和と戦争とかテロとかあまり英語で考えたことがない方は、何となく頭で国際問題解決の案等をまとめておくと良いでしょう

しかし決して回答するのが難しいわけではなく、テーマがとにかくでかいので「それなりに自由に書ける」というのがポイントです。(昔の英検1級の様な、使わなければいけないキーワード3つ等の制約はありません。)

配点については20点満点なので、合格のためにはここで12点は取っておきたいところ。英検1級1次の時に紹介した5パラグラフエッセイの書き方で書いて、かつよっぽど突飛なことを書かなければ、皆様の実力ですとおそらく10点は取れます。ただここで15点以上の高得点を目指すとなると、非常に難しい。というか未知数です。

時間は見直し含め30分間を見ていれば良いでしょう。特Aは他の読解問題でかなり時間を食うので、そちらとのバランスを考えて、長すぎても短すぎてもいけません。長く時間かけて凝った文章を書いても、11点しかもらえなかった経験があります。イメージとして、「試験の要求を満たすエッセイをスマートに書いて12点を目指しつつ悪くても10点は取る」という感じが良いでしょう。

 

書き方のポイント


上記で5パラグラフエッセイをテンプレートに作文することはわかりました。その上で、良い点を取るためには特に何に注意すれば良いか?

1. トピックセンテンスの説明が十分にされ、各パラグラフ毎に説得力があること

2.国連(役割や機関等)に適度に言及すること

まず1.については筆者の失敗談からです。国連英検過去問や問題集のエッセイ例をみるとかなり抽象的というか、大きな枠組みで書かれています。当初私はそういう書き方が好まれるのかと思い込み、すごく一般的なこと且つ薄い内容で多くの国連関連のトピック(1パラ中に、amnesty internaitonal, ユニセフ, WFP全部に言及する等)を出すスタイルを取りました。しかし、それぞれの役割を一文ずつに留め、内容を掘り下げず試験で書くと、問題用紙の最後の最後まで埋め尽くしたにも関わらず11点。一方、各パラグラフのトピックセンテンスでしっかり締めて、その後に例をだし、detailを書く方式をとったら14点。(それでも14点。。)おそらくですが、「多岐にわたって色々ちりばめると、各パラグラフの内容が薄くなりそのため説得力が落ち、あまり良い評価を受けないのではないか」というのが私の持論です。

次に2.ですが、上記の様に闇雲に国連に言及するのではなく、各パラグラフ1国連トピックずつが目安ではないかと思います。例えば、「戦後の紛争国の発展」がテーマであれば、2パラ目で国連専門機関(UNIDO, IMF, ILO等)の役割、3パラ目で世界の手助け(ボランティア等)・関心を当事国に向けさせることができる国連の役割、4パラ目で紛争が再開しない様に監視する国連の役割、といった感じで、(英検一級のエッセイのごとく)各パラグラフごとに1つずつ関連する国連トピックを落とし込んでそれについて書くイメージが良いでしょう。

とはいうものの私も所詮最高で14点の身分ですので、何ともアドバイスできる立場にないとは思っていますが、まだ10点の壁を越えられない人、初めて受験する人は、参考にしていただければと思います。

 

 


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*