TOEICの文法問題はほぼ全問正解というレベルの皆様でもってさえ、まだ解けない問題というのが数多く存在するというのが国連英検特A級なのです。

おそらくですが、前の実力診断で過去問を解いてもらって、答え合わせをすると、「あ、なるほどね」と思い、答えを見ればわかる問題、そして解説を読んでも納得できない高難度の問題が混在しているかと思います。

所謂「あ、なるほどね」問題は繰り返し解いて、体に染み付けてもらうしかありませんが、後者をなんとかしなくてはなりません。

そこで高難易度の文法問題を凝縮し、かつ国連英検特A用であるこの問題集は必読です。

「自分はもう上級レベルだから」なんて言ってる人でも半分も解けないかもしれません。

高校レベルで英文法が終わりでないことを改めて気づかされる一冊で、当時TOEIC文法問題満点だった私も最初は歯が立ちませんでした。。

かなり難しいですが、その分やりごたえがあります。

そして本試験の文法問題で力を発揮します。

私がやってみて嬉しかったのが、TIME等一般の雑誌にある難しい記事の文構造が理解でき、読めるようになり、自分の英作文のレベルが上がったことです。

「これやらずして、 国連英検特A1次の突破なし、次のレベルへの前進もなし」といった感じになってますので、ぜひやってみてください。


カテゴリー: 4. 国連英検特A級1次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です