4. 国連英検特A級1次

60. エッセイの概要

今回からエッセイについて書きます。 国連英検特A1次のエッセイでは、テーマが一つ与えられ、それに対して約200〜250単語で構成される文章を書くことが要求されます。 テーマは主に国連に関することでもありますが、特別国連の知識がなくても書けるものがほとんどです。 ですので、一般常識と英検1級で身に着けた5パラグラフエッセイで十分に対応可能です。 では何も準備は必要ないかというと、そうではありません。 (さらに…)

投稿者:hirateNN 投稿日時:
4. 国連英検特A級1次

59. 仕上げとブラッシュアップ (余力があれば)後編 

前回まででエッセイを除く一次試験の対策は終わりましたが、以下はさらに高得点を目指す方にお勧めの単語集です。 余力がある方や、これまでの対策をやったが不合格でこれから何をやればわかない方の参考になるかと思います。 [amazon_link asins='4902521024' template='ProductCarousel' store='shirayama1019-22' marketplace='JP' link_id='12d1427d-dd77-11e7-8a43-f7b1d49bf056'] アマゾンでみると、誤植が多いと低レビューですが(私はそこまで気になりませんが)、そもそも17000単語レベルを収録する数少ない高難易度単語帳です。 (さらに…)

投稿者:hirateNN 投稿日時:
4. 国連英検特A級1次

57. 文法力

TOEICの文法問題はほぼ全問正解というレベルの皆様でもってさえ、まだ解けない問題というのが数多く存在するというのが国連英検特A級なのです。 おそらくですが、前の実力診断で過去問を解いてもらって、答え合わせをすると、「あ、なるほどね」と思い、答えを見ればわかる問題、そして解説を読んでも納得できない高難度の問題が混在しているかと思います。 (さらに…)

投稿者:hirateNN 投稿日時:
4. 国連英検特A級1次

56. 国連知識3 (国連知識習得の意義)

今回で国連知識については終わりですが、最後に今後の英語学習の中で、この知識の意義について触れたいと思います。 これまで英検1級1次試験の時にも、たくさんTIMEの記事を読んできました。 当時の英語レベルでおそらく記事を完璧に理解できた方は稀だと推察しますが、仮に英語力、例えば記載される全ての英単語の意味及び文構造がわかる状態で、TIMEを読めば、その記事のことが完全に理解できるのかといういうと、答えはNoだと思います。 (さらに…)

投稿者:hirateNN 投稿日時:
4. 国連英検特A級1次

54. 国連知識1

これまで英語の学習をしてきて、この手の英語に直結しない知識を学習しなければいけないというのが、この試験最大の特徴でもあります。 100点満点のうちの10点分をこの知識問題が占め、英語力がいくら高くても、知らなければ解けない問題となっています。 10/100点をどう捉えるかですが、普通に考えて配分がでかいと捉えるべきでしょう。 2 or 3 / 100点くらいでしたら、捨てるのもアリかと思いますが、他の受験者との競争(つまり合格点)において、点数が10点マイナススタートはでかすぎます。 ですので、まずここで他のパートの得点の足を引っ張らない最低7点以上を取る実力をつけることを目標とします。 (さらに…)

投稿者:hirateNN 投稿日時:
4. 国連英検特A級1次

53. 語彙力(15000語レベル)

実力診断はいかがでしたでしょうか。 英検1級に合格している皆様は、英語の基礎力は十分あるので意外と結構(5、6割)解けたのではないかと予想する一方、一般的な合格圏である7割の正答率に届かないという方も多いのではないかと思います。 前回で、英検1級取得後から、伸ばすべき力が3つ(語彙力、国連知識、文法力)あることが分かりました。 今回は、そのうちで最重要項目である語彙力(15000語レベル)に習得方法について説明します。 (さらに…)

投稿者:hirateNN 投稿日時:
4. 国連英検特A級1次

51. 国連英検特A級 1次試験とは (難易度、勉強法、モチベーション)

今回から国連英検特A級1次試験の準備開始です! まずは英検一級に晴れて合格された皆様、誠におめでとうございます。 現在皆様のいる地点は、当ブログの資格取得の道のりにおいて、すでに折り返し地点を通過したあたりだと捉えて頂ければと思います。 (さらに…)

投稿者:hirateNN 投稿日時: