今回は私の弱点であった語彙力及び文法力補強用の問題集をご紹介いたします。

模試と同時並行で進めていました。ただ、模試の時の様にガチガチに使い込むのではなく、あくまで片手間に「なるほどね。」という感じでやれば良いかと思います。(これらを完璧にしようとするとかなり時間がかかるため、効率重視の観点から、TOEIC900奪取においては優先順位を下げます。)

 

最初は音声付き英単語帳です。レベルは990のものを選びました。

私は初めて単語を音声で覚えるということに試みましたが、結果、目で見て覚えるだけの場合よりも何倍も速く単語を吸収できることを体感しました。また、リスニングの問題にこれらの単語が出てきても、発音も同時に覚えることでそのまま対応できると思い、音声での暗記にフォーカスしていたこの単語帳に決めました。

初めは聞きなれない単語ばかりの様に感じるかもしれませんが、次のステップの英検1級1次試験においては全て必修単語となります。また英検1級や国連英検特A級の二次面接で必要な「発信用単語」習得としても多用しました。著作権の問題でお見せ出来ませんが、中身はメモだらけで真っ黒です。

結局自分に合った覚えやすい単語帳であれば何でも良いとも思うのですが、TOEIC900を突破するにあたり、単語帳は1冊あれば十分です。複数冊買えば、おそらくやりこなせず中途半端になってしまいます。そのレベルで要求される単語を均質に万遍なく習得できないことになるので、一冊やりきるのを目標に信頼できるものを1つ選びましょう。

 

表紙に書いてある通り、「中級から上級へステップアップ」するための問題付き文法書です。時制、関係詞、分詞、仮定法の様に英文法のカテゴリー別にまとめてあります。構成は問題があって、その後にその章で学ぶ文法が丁寧に解説されています。

約10年前に発行されていますが、今でも十分使えるもので、英文法上級者になるための決定版です。(筆者もこの一冊をやり終えた後からは、TOEIC本番の文法問題はほぼいつも満点です。)

 

文法語法問題の処理速度を上げる練習用として使用しました。7セット分の文法語法問題(101~152問)が収録されております。難易度が特別難しいわけでもないので、理解に抜けがないかチェックでき、文法語法の総仕上げ用としても使えるかと思います。文法がある程度仕上がっている方には不要かもしれません。

 

余力がある方には


以下は文法語法の学習からは離れますが、TOEICテスト本番を受ける際になかなか有効でしたので、これらもプラスαとして紹介しておきます。

 

TOEICで目標点を獲得するにはTOEICの問題で練習するのが一番の近道とも言われる中、あえてこの段階で実践的な教材を用いたのは、本番のリスリングでビビらない度胸をつけるためです。これを聞いていたらTOEICで流れるネイティブ音声がゆっくり丁寧に話されていると感じます。

もちろん必死にshadowingを試みなんとか内容把握に努めましたが、当時理解出来たのは全体のせいぜい半分くらいでしょうか。が、やはりリスニング度胸が付き、本番で精神的な支えになること間違いなし。TOEICのリスニング音声に飽きたら、内容もおもしろいですしトライしてみるのも良いかと思います。(筆者はCD付きだったので携帯用音源として購入しました。)

 

さてこのくらいの内容がだいたい分かる様になっていれば、余裕でTOEIC900点は獲得できるでしょう。ただ、これもかなり早い(ナチュラルな)スピードで話されているので、最初は十分に理解できる実力を養えていなくても問題ありません。

これも上と同様、自宅用速聴練習用として使っていました。youtubeでタイトル検索すれば大量出てきます。適度な長さで、TOEICの勉強の合間に見るのにはちょうど良いリフレッシュになっていました。私は字幕なしのものを専ら見ていたのですが、内容があまりに分からない様であれば字幕付きのものも良いかと思います。

 

以上、プラスαでやってみる補強用問題集の紹介でした。

 

参考文献/引用元
「聞いて覚える英単語 キクタン TOEIC Test Score 990」/ 著者: 一杉武史 / 出版社:株式会社アルク
「新TOEICテスト900点を突破する英文法トレーニング」/ 筆者: 福居守世 / 出版社: 株式会社中経出版
「新TOEIC TEST 英文法語法問題集」/ 筆者: 安河内哲也, 魚水憲 / 出版社: Jリサーチ出版
“CNN ENGLISH EXPRESS” / 出版社: 株式会社朝日出版社
“CNN STUDENT NEWS” / ウェブサイト: https://www.youtube.com/watch?v=AmHogI1MVE8 / 記事中ビデオはyoutubeより転載


カテゴリー: 1. TOEIC900

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です