hirateNN/ 10月 6, 2017/ 1. TOEIC900/ 0 comments

私自身「20日間特訓プログラム」をコンプリートしてからすぐに模試に取り組んでいきました。もちろん制限時間を設定して。それでは私が解いていった順に、当時の私の実力と共にレビューしていきます。(問題集は旧形式ですので参考程度としてください。)

 

TOEIC公式問題集 Vol.5

正答率(予想スコアレンジ):

1セット目: L87 (400~480) / R83 (350~430) = 750~910 / 990

2セット目: L89 (400~480) / R85 (350~430) = 750~910 / 990

2セットとも同じ予想スコアレンジ。しかし公式問題集ということで気合いが入ります。価格は2800円くらいと高めで、2セットの模試が収録さています。難易度は本番のTOEICテストと同じくらいだと感じました。

リーディングセクションにおいて制限時間内に全問解き終えることを目標として達成しましたが、やはり精度が落ちてしまいます。少し時間をかけて問題を解き直すと正答率は9割を超えました。問題形式に慣れていないのも原因。まだスピードと精度の両立というのは難しかった様です。

 

TOEIC公式問題集 Vol.4

正答率(予想スコアレンジ):

1セット目: L93 (435~490) / R87 (380~430) = 815~920 / 990

2セット目: L97 (480~495) / R81 (355~400) = 835~895 / 990

公式問題集Vol.5のリスニング音声でshadowingをひたすらやった成果なのか、リスニングのできがやたらと良い。問題はリーディング。仮にリスニングで400点後半を取れても、リーディングで400点前半取れていないと900点には届きません。

1セット目では文法語法問題(101~152問)で7問、2セット目では9問落としていたので、とりあえず文法力強化が必要だと認識。スコアレンジを見るとまだ900突破には一歩及ばない感じでした。解き終わった後は、リスニング音声を使用し、繰り返しshadowingをしました。

 

TOEICテスト超リアル模試600問

正答率(予想スコア):

1セット目: L84 (480) / R90 (455) = 935 / 990

2セット目: L87 (480) / R79 (420) = 900 / 990

3セット目: L91 (495) / R87 (460) = 955 / 990

明らかに予想スコアが甘すぎる気が。一冊で3セット分の模試を収録しているお得な問題集。著者の花田先生はTOEICテスト特化型スクール花田塾を運営されているプロのTOEIC講師らしいです。豊富な解説は分かりやすく、問題のレベルも易し過ぎず難し過ぎずちょうど良い感じでした。知らない単語にもたくさん出会えました。お薦めです。

 

これらの模試7回分をやったところでTOEIC(本番)を受験してみると意外とあっさり900点を突破できたのでした。

参考文献/引用元
「TOEICテスト新公式問題集Vol. 5」/ 出版社: 国際ビジネスコミュニケーション協会
「TOEICテスト新公式問題集Vol. 4」/ 出版社: 国際ビジネスコミュニケーション協会
「TOEICテスト超リアル模試600問」/ 著者:花田徹也 / 出版社:コスモピア株式会社


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*