今回からTOEIC900点を目指し、実際に勉強を始めて行くのですが、まずTOEIC900点とはどんなもんなのかを筆者の経験を基に簡単に書いておきます。

難易度


一般的には高難易度の資格に該当するかと思いますが、TOEIC800点をすでにお持ちであれば、そんなに難しくないと思っています。

集中したトレーニングを行えば2,3ヶ月で達成できるはずです。

800点から900点に到達するのが難易度が高いと言われる理由の一つに、よく「伸び悩み」とか「停滞期」が言われますが、まずこのレベルに到達するためには、これまで学校で教わった勉強法を変えなければならないかもしれません。

そしてそれに気づかずに長期間独習で対応しようとすることが、伸び悩みの原因かもしれません。

私の結論としては、難易度はTOEIC700点を800点にあげるのとほぼ同じだと思います。

 

勉強法


では、TOEIC800点台の方が900点レベルを目指すために、結局何が必要なのか。それはシャドーイングです。

これが、ここから先の英語力の根幹、いわばこれから貯めて行く英語の知識、単語力などを全て受け止める土台の役割を果たします。

これがなければ、いくら机上の勉強で知識を増やしても、それらを効率よく活用することができません。

筆者は田舎の(ギリギリ)進学校出身ですが、高校時代、残念ながらシャドーイングの重要性を全く教わりませんでした。

そして事実、シャドーイングの重要性を知らないまま受験していたTOEICはやはり800点止まりでした。

大きくTOEICの点数が動き始めたのは、シャドーイングをやり始めた直後だったのです。

「勉強方法」と言うのは、主に高校までに習ったものが個人のベースになるかと思いますが、それを教えてくれた先生がそもそもTOEIC900点レベルに到達しており、英語の適切な勉強方法を教えてくれただろうか、と考えるとやはりそうでない可能性は残ります。

(参考までに、高校の英語教員に推奨されているのは、英検準1級レベルだそうです。(文部科学省)もちろんこれはminimum requirementですので、多くの先生方は英検1級超レベルでしょうが、実際は英検2級レベルの先生もいるそうです。「英語力」と「教育」(教え方)は別次元の話だとか言う方もいますが、普通に考えて、「英語力」なくして高質な英語の「教育」を提供できるわけがありません。この辺りは色々調べてみると面白いかもしれません。)

TOEIC900点レベルに到達し、その後の資格を順調に取得するためには、まずシャドーイングの重要性にここで気づき、その能力をここで養う必要があります。

では次回から具体的なシャドーイングの勉強法を紹介して行きます。

 


カテゴリー: 1. TOEIC900

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です